- 自宅で出来る光脱毛器の口コミまとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光による脱毛処理なので照射面積が広いのが特徴で、1回の処理で約80~120本の脱毛が可能です。

多くの人が利用している脱毛方法に、光によるものがあります。
成長過程にある毛の毛根は、比較的太く、色が濃いという特徴があります。この毛根に向けて、髪を作るために必要な成分が毛細血管を通して送り込まれます。

毛の周辺には毛の成長の元である毛母細胞と毛乳頭があり、光脱毛ではこの部分に光を照射して脱毛するのです。
脱毛部位を念入りに消毒することが処置の一番始めです。

その後に表皮から外に出ている部分の毛をそり落としてきれいにした上、脱毛機能を持つ光によって毛根部分に光を集中させます。

光の照射によってタンパク変性と呼ばれる現象が毛包部分に起こり、毛の細胞が死滅します。

光脱毛の施術により、死滅した毛と周辺の組織は老廃物として、体外に1~2週間かけて排出されるので、毛が自然に抜け落ちてきます。

光脱毛での施術後の皮膚がきれいなのは、自然に毛根が抜けた後、毛穴が縮んで自然と見えない存在になるためです。

まず最初にムダ毛を処理したい場所に消毒を行い、プロの手によって毛を取りくのがエステでの方法です。

光を当てる前に一手間かけることになりますが、自宅で剃ってくると光脱毛がうまくいかないことがありますので、エステに任せるようにしてください。

脱毛箇所の剃毛の後は、光脱毛機による照射を行います。

脱毛箇所にジェルを塗り、アプリケーターを肌に押し当てたままピカッと光を当てるだけです。

光による脱毛処理なので照射面積が広いのが特徴で、1回の処理で約80~120本の脱毛が可能です。
一度に広い面積を処理できるため、脇の下を片方で3分もあれば済ませることができるのです。

エステサロンでの脱毛ケアが終わっても、その後の皮膚の状態についてはきちんとチェックをしてください。


光脱毛でムダ毛を処理する

脱毛には、光を使うものがあります。
白色ランプの強い光を特殊なフィルターにかけ、脱毛処理に使える波長の光を取り出します。

この光は黒いものに反応するので、除去したい毛の生えている部分にあてることで、毛根を焼き脱毛をすると共に、新しい毛が生えないようにします。エステだけでなく、光による脱毛処理は病院でも多毛症の治療やムダ毛処理などに活用されている方法です。

脱毛処理に使う光は主に3種類です。

フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、IPL脱毛がエステではよく利用されているようです。
光脱毛でムダ毛を処理する際、いろんなメリットがあります。
毛根に直接光を当てて効果を引き出すのが光での脱毛手順なので、毛を伸ばした状態でなくても施術が可能です。
光脱毛は、1回の照射で広範囲の脱毛が可能な為、スピーディに短時間で処理出来ることもメリットです。

そして、時間がほとんどかからない分、他の手段より費用も安く済みます。
ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べて痛みが少ないのも特徴です。
ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べ、光脱毛は皮膚へのダメージが少ないこともメリットです。

いいところが盛りだくさんの光脱毛ですが、黒い部分に反応する性質を利用するため、色の薄い毛や産毛に反応しないという欠点もあります。

大体、1ヶ月から2ヶ月に1回のペースで光脱毛処理を受け、これを4回~6回行います。
どれくらいの施術が終わるかは、どの部分を脱毛するかや個人の毛の状態によって個人差が大きいので、カウンセリングで確認しましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。