- 自宅で出来る光脱毛器の口コミまとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どのようなことに注意して、光脱毛を受ければいいのでしょうか?
医療用のレーザー光線よりも波長が長いことがエステで脱毛に使う光の特徴です。

そのため、光か毛母細胞まで送り込まれるのです。
ただし、エステで扱われる光の出力は医療行為にならない範囲に留めなければならないので、その分だけ強力な脱毛効果は得にくくなっています。

光脱毛の注意点としては、妊娠している方、出産後まだ生理がきていない方、紫外線アレルギーやケロイド体質等の重度な皮膚疾患の方は光脱毛を受けないようにします。
何らかの服用薬を使っているという人は、担当医の方に確認してから施術を受けましょう。

光脱毛はエステに行かなければ施術を受けることが出来ませんが、クリームやワックス、カミソリ、毛抜きを使う脱毛なら家庭で可能です。

とはいえ、いずれのやり方も皮膚に全く負担をかけずに行うことはできませんから、皮膚炎の元となったり、毛が目立つようになることもあります。

レーザー光線による脱毛は、作業マニュアル通りに行えば、誰が行っても施術結果のほとんど同じで、機械の性能に依存する場合が多いようです。

エステでの光脱毛はこの限りではなく、手順書が適切なものでも、同じ器械を使っても効果に差が出ることがあります。
同じ人が扱っても結果が変わることすらあります。

光脱毛で脱毛処理してもらう場合には、実際にエステサロンに訪問して納得がいくまで説明を受けることをおすすめします。
一番心強いのは、施術をしてくれる人と直接カウンセリングで相談ができるようなところです。
前もって光脱毛の知識を習得しておけば、安心して光脱毛の施術を受ける事ができます。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。